橘星花の日記

今日何があったか、何を思ったか、正直に書いてます。

鏡で見える自分と相手が見てる自分は違う。

最近髪型について悩んでいる。

 

20歳の男なら悩んで当たり前だったが、前の私は悩んでいなかった。

 

坊主頭で眉毛もいじらないままで、どこかの珍獣ハンターのような眉毛をしていた。

 

というか今もしている。

 

ずっと1000円かっと似通っているが、さすがに次は高い美容室に行こうと考えている。

 

しかし、1000円カットと、他の高い料金の美容師は、本当に技術が違うのかどうか分からない。

 

ジャンルは違うtが私は前寿司屋で働いていた。

 

そこは回転ずしながらも、普通の回転寿司よりも少し高めだった。

 

マグロやサーモンは100円ながらも、うにやイクラなど高級すしは500円近くするものもあった。

 

すなわち美容室に例えると、若干高級美容室に分類されるわけだ。

 

にもかかわらず、バイトを始めて1週間の僕に、簡単に握らせてくれた。

 

それなりに高い値段を払っているのに、全くので素人でて汗まみれの僕の手が握った寿司を食べるのは、少しお客さんが可哀想だと思った。

 

しかし、このような体験があるからこそ、お店は常にお店主体の考えしか持ってないように思うのだ。

 

高級な美容室だからといって、ポテンシャルの高い美容師しか入れないとか、新人はキレないとか、そういうことはない気がする。

 

客は料金が高ければ、それだけでハイポテンシャルの美容師がいると、錯覚する。

 

たったそれだけでいいのだ。

 

人間とは単純だ。

 

他に外観をおしゃれにしたり、中をいい匂いにするだけで、高級美容室の出来上がりだ。

 

間違いなく、店は店の利益しか考えていない。

 

もしくは店長が少しでも楽できるようにすることしか考えていない。

 

これだけ若干高い美容室をディスりながらも、私は今高い美容室に行きたくて行きたくてしょうがない。

 

なぜなら、1000円カットでは眉毛を切ってくれないからだ。

 

1000円カットに眉毛を切ってくれるサービスが誕生したら、革命だと思うんだが違うのか。

 

とりあえず、このイモトのような眉はおさらばしたいし、次は眉毛カットができるそれなりの値段のする美容室に行く。

 

眉毛を切る以外にも、1000円カットとの違いを調査するには、現場に行ってみるのが一番手っ取り早いと感じた。

 

なんで行ってみる。

 

綺麗なお姉さんだったらどうしよう。

 

コミュ障発動しちゃう。

 

まぁいいか。

 

1000円カットより、いい仕上げになるのかどうか。

 

今度はっきりさせてくる。

 

私は雰囲気や値段だけでは、だまされない。と思う。

 

てか騙されたくない。

時間があると集中力がなくなる。

最近気づいた。

 

俺は時間があると、集中力がなくなることに。

 

時間があると余裕をこいて、本当にどうでも良い事を考えてしまい、仕事がはかどらない。

 

ネットビジネスを一本化したいと考えているが、今の副業という状態は崩さない方が良いのかもしれない。

 

毎日が休みの日という感覚になるから、ほんとに何も働かなくなる可能性がある。

 

バイトが朝から夕方までの日の方が、一日中オフの日より仕事が進むのだ。

 

これは異常だ。

 

一体なぜなのか。

 

慢心か?

 

常に時間がないと思いこませて作業したい。

 

いや、でもそれは無理だ。

 

究極のナマケモノの自分にとってそんな考えが持てるわけがない。

 

とりあえずパソコンの充電が4時間で切れるから、4時間はぶっつづけで作業をしたい。

 

しかし、なぜかバイトの可愛い先輩の事を思い浮かべて、訳の分からない妄想が始まり、気づけばトイレの鏡で自分一人で笑いながら話している。

 

まじでヤバいやつだ。

 

こんなところを他人に見られたら、人生が速攻で終了する。

 

そのくらい異常行動だ。

 

昔から自意識過剰で妄想癖だったが、最近の自分の妄想量は常軌を逸している。

 

治したい。

 

でも治せない。

 

治せそうにない。

 

副業の状態の方が間違いなく仕事がはかどるが、逆に副業に甘えてるともとれる。

 

バイトをやっていれば普通に生活費は稼げるため、アフリエイトはやらなくても大丈夫といった甘えが生まれてしまっている可能性もある。

 

バイトをやめて、貯金を切り崩しながら生活していけば、おのずと自覚が芽生え本腰を入れてアフリエイトに取り組むようになるかもしれない。

 

そうすればくだらない妄想などもしなくなるかもしれない。

 

しかしそれは自信がない。

 

安定を求める自分にそんなデンジャラスなことができるはずがない。

 

そもそも安定を求めるならネットビジネスなんてやるなよっていうツッコミはなしにしてくれ。

 

もしバイトをやめてアフィリエイト一本で生活をして、稼げなかったらどうするのか?

 

親からお金をもらうのか?

 

これだけは私は絶対にしてはいけないことだと考えている。

 

一度こうやってお金をもらってしまうと、私はメンタルが弱いため、またもらえる屋と慢心し、いつまでもクズ人間のままになってしまうと思っている。

 

絶対にやってはいけない。

 

バイトをしながら、8万円稼げるようになるまでは、絶対にバイトはやめないと考えている。

 

今は、、、

 

本当に気まぐれでヘタレな僕には断言はできない。

 

前のバイトも絶対にやめないと考えていたが、結局1ヶ月で辞めた。

 

そのくらい私には継続力がない。

 

今のバイトは絶対にやめたくない。

 

副業という状態で8万円稼げるようになって見せる。

集中力なさすぎ。

アフリエイトや金持ちになる方法を勉強すより、俺はまず集中力のつけ方を勉強した方が良いのかもしれない。

 

なぜここまで集中力がないのだろう。

 

アフリエイトをやろうと思っても、以前の妄想がまた始まってしまう。

 

訳が分からない。

 

どうしてここまでクズ人間に育ってしまったのだろう。

 

せっかくの休みの日を無駄にしてしまいそうな勢いだ。

 

しかしまだ午前中。

 

取り返しはつく。

 

今このブログを書いてウォーミングアップをしている。

 

記事をかくことに億劫になってしまっているから、適当にだらだらと書けるこのブログを選んだ。

 

なんでも良いから書くことが私は大事だと考えている。

 

集中力はどうやったらつくのだろう。

 

メンタリストのDAIGOがなんかそんな本を書いていた気がする。

 

時間があるときに読んでみよう。

 

しかし、あいつは嘘くさいというイメージもある。

 

大体メンタリストで人の心が読めるなら、金を稼ぐ方法はもっといくらでもあるはずだ。

 

なのに、テレビタレントという職業を選択するのは、本当は心が読めていないんじゃないかと感じる。

 

まぁそれはそれでいいが。

 

そういえば、ついこの間までは休日は4時間パソコン業務をやって、本屋で気になった本を一冊読んで、帰ってきたらまたパソコン業務を4時間やってというのがスケジュールだった。

 

しかし、最近は朝グダグダすごしてしまうため、本屋で本を読む時間が無くなっている。

 

今日に限っては、パソコン業務の方もままならない。

 

本当にもったいない。

 

このままぐずぐず言ってしまったら、前の私と難も変わっていない。

 

何としてもこの悪い流れを止めなければならない。

 

どうやったら止められるか。

 

全く分からない。

 

誰か集中力の高め方を教えてほしい。

 

一つ考えがあるのは、机といすを購入することだ。

 

実は私の家には机といすがない。

 

今このパソコンも物置の3段目で打っている。

 

立ちながらだ。

 

このたつという行為にエネルギーを使ってしまっているため、集中力が続かないのではないだろうかと最近考えている。

 

しかし、本屋で本を読むときは座るとウトウトして、時間の無駄を過ごす。

 

立っていた方が集中できて、時間を効率的に使うことができるのだ。

 

どうすればいいのか。

 

あと机といすは高いから買うのが嫌だ。

 

もうめちゃくちゃだ。

 

お前は机といすを買わないわ。

 

確信した。

 

そういえば本屋でウトウトしちゃうで思い出したが、最近昼間にすごい眠たくなる。

 

夜は普通に練れてるし、朝もそこまで苦痛じゃないんだけど、なぜか昼間に眠たくなる。

 

本当に迷惑な話だ。

 

 

 

 

 

 

妄想しすぎ。

俺はほんとに妄想癖なんじゃないかと最近感じ始めている。

 

昔から妄想するのは好きだった。

 

エロい事とか、好きな人を考えたりするのでなく、自分という人間を否定し、新たな人に自分を乗り換えその人の人生そのものを妄想しているのだ。

 

言い表すのはとても難しいが、そこらへんの20歳がしている生半可な妄想ではないということがいいたい。

 

大規模で、自分の顔も変え、性格も変え、身長も変え、全部が全部自分ではない人の人生を思い浮かべている。

 

これはとても残念なことだと思う。

 

なぜなら自分に自信がない証拠だからだ。

 

妄想が本格化したのは、学校を休み始めたころだった。

 

その時は俳優になった妄想が常で、ネットで叩かれていた。

 

バラエティー番組でドラマの宣伝もして、学校の時のクラスメートが話題にしていた。

 

子のt機は、学校の友達に羨ましがられたく妄想していたんだと思う。

 

この時は、まだ自分の顔を使用していた。

 

まだ若干の自信があった証拠だ。

 

しかし、学校をやめ自分虹sンがなくなるお、自分の顔も変えてしまった。

 

その時は日本一イケメンだと思っていた佐藤勝利君の顔を使用していた。

 

山Pの顔を使ったことも、ネットで見つけたカッコいい外人君の顔を使ったこともあった。

 

せっかく親が生んでくれた顔と体に自信がなかったのだ。

 

だから、妄想をする。

 

本当にこの癖を治したい。

 

いや、癖というより病気だ。

 

引っ越しをしたときに一度治そうとしたんだ。

 

しかし、治せなかった。

 

妄想をすることは悪い事じゃないと思うんだ。

 

それ実現可能ならば。

 

しかし、私は年齢さえも若くしていたので、もはや現実にするのは不可能な妄想だった。

 

だから、今で言えばアフリエイトで大成して、美女と結婚するくらいの妄想だったらどんどんするべきだと思うんだ。

 

しかし、今僕がしているのは陸上部で全国トップクラスの成績を残し、フリーランサーとして大活躍して、早稲田大学に在学していえるという妄想をしている。

 

もちろんこれは実現不可能だ。

 

だからやめるべきだ。

 

でもやめられない。

 

この病気を治すには、自分に自信をつけるほかないと考えている。

 

そうすると、何をすれば自信がつくのか考えるようになる。

 

やはり、自信がないところの根底にはアトピーがある。

 

情けないことだが、私はもうアトピーで4年間本気で悩み、弱気になっているという事である。

 

情けない。

 

本当に情けない。

 

プライドが高いゆえに、このことも一生引きづるんだろうなと思っている。

 

自sンをつけるには、アトピーを克服し、色素沈着も着た後ではないかと考えている。

 

果たして、そんな日は来るんだろうか。

 

 

 

アフィリエイトで一番楽に稼ぐ方法。

最近、ずっとアフィリエイトの事を考えている。

 

どの方法が一番楽に、効率的に稼げるかだ。

 

ちょっと前までは将来的に大きなサイトを構築して、商品紹介記事じゃなく、悩みの雑学的な藻をかいて、最後の方にバナーで広告を掲載して、アフリエイトするのが一番儲かると思ってた。

 

しかし、最近はYouTubeなどで勉強していると、大規模なサイトを1個作るより、薄いサイトを何個も作った方が収益化しやすいという情報を見た。

 

なかでも一番心に突き刺さったのは、「悩みの種を検索する人」より、「商品について気になっている日t」の方が、商品を買ってもらいやすいという事である。

 

当たり前すぎることだが、私はこれに今まで気づかなかった。

 

商品紹介記事だと、ネタがすぐ尽きるし、閲覧者にも嫌らしいという印象を持たれると思っていたが、今考えてみると、私が商品についてググった時、作成者がどんな気持ちなのか、という事は何一つ気にしていなかった。

 

更に実際に掻いてみると、分かるが商品紹介記事だって見る角度を変えれば、いくらでも記事をかける。

 

いつかはネタは尽きるだろうが、今のところは尽きる気配がない。

 

なので、やはり商品紹介サイトを薄く広く、作るのが一番収益化しやすいのではないかと今考えている。

 

しかし、もちろん薄いサイトでも、データ容量は多いため、パソコンがバグったり重くなってしまったりしまわないかが心配である。

 

これはパソコン初心者の私だけの考えなのだろうか。

 

すごいアフィリエイターとかは、サイトを1000個以上持ってる人だっている。

 

初心者はまず100個サイトを作らないと成功しないとも言っていた。

 

100個というと、途方もくれる数字だ。

 

しかし、前ほどの悲観はない。

 

商品紹介記事をいくつか作ってみて、100個作るだけなら、意外といけるんじゃないかと今は考えている。

 

これは、大きな成長ではないだろうか。

 

1ヶ月前の自分だったら、もうだめだと諦めていたのではないだろうか。

 

プロが言うには、サイトを10個作っても収益化するサイトは、そのうち1つだけらしい。

 

とても厳しい世界というのが手に取るようにわかる。

 

今は一つしかサイトを作っていない若田氏は無謀な挑戦をしているのかもしれない。

 

しかしバイトもやっているため、アフィリエイトに避ける時間は限られている

 

何個もサイトを作っていては、時間を全くさけないⅮコロカ、飽きて辞めてしまう可能性がある。

 

なので今は、一つのサイトに特化していくつもりである。

 

ネタが尽きたら新しいサイトを考える。

 

3ヶ月以内に1件でも制約を上げる。

 

これが今の目標だ。

子テーマついに完成する。

感動だ。

 

感動しすぎて、泣きそうだ。

 

ついにワードプレスに子テーマを作ることに成功した。

 

どこのサイトを見ても理解できず、子テーマはないまま作業していこうと胸に決めていたのがバカみたいだ。

 

やればできるじゃないか。

 

サイトを上位表示されているものを見ても、理解できなかった。

 

なんでもかんでも上位表示されているのが良いサイトではないという事が、今回の子テーマ作成において、一番の収穫だったかもしれない。

 

だって、説明してくれてるのは良いんだけど、その説明の中に出てくる言葉も分からないからね。

 

それで説明の中に出てくる言葉を調べると、その説明の中に出てくる言葉も分からないという闇。

 

そうやって、いろいろ調べてるうちに前の言葉の意味を忘れ、結局投げ出すという無限ループを今までやっていた。

 

今同じ悩みを持っている人に告げたい。

 

いや、これは子テーマ作成に限らない。

 

全く自分に知識がなく調べたいものがあった時は、「キーワード 初心者」と検索するべきだ。

 

ほとんどの人が実践しているのかもしれないが、私はこれに気づかず子テーマ作成に2週間ほど時間を費やした。

 

馬鹿みたいだ。

 

初心者と検索すれば、本当に超簡単に噛み砕いて説明してくれているサイトに出会える。

 

「子テーマ 作成」ではそれなりに知識がある人にしか作れない内容になっている。

 

私がバカ過ぎただけの可能性もあるが。

 

本当に初心者用のサイトに出会えてよかった。

 

難しい言葉も出てこないし、一個づつ写真付きで解説してくれているのが助かった。

 

写真の偉大さを思い知った。

 

言葉だと分からない上に、気持ちの面でも参る。

 

しかし、写真付きだと楽な気持ちで分かりやすい。

 

今後のアフリエイトでも生かせそうだ。

 

ああいう写真は、自分のパソコンの写真だから、著作権には引っかからない。

 

本当に分かりやすかった。

 

上位表示されているからいいサイト、と決めつけるのは良くないんだなと思った。

 

いや、実際に良いサイトなのかもしれないが、私には合わなかった。

 

これでアフィリエイトは、どれだけターゲットを絞るかが大事なのかということが分かった。

 

いくら上位表示されていようと、私には上位表示されているサイトは無意味で時間音無駄だった。

 

意地でも理解してやると滞在時間も尋常じゃなく長かったため、上位表示に手を貸してしまったことは悔いる。

 

どれだけターゲットを絞り、ユーザーに有益な情報を与えられるか。

 

当たり前の基本の事だが、子テーマ作成でここまで良い事に気づくとは思わなかった。

 

ロリポップに電話して聞こうと思ったが、今日は休日のためやっていなかった。

 

これだけ良い事に気づかされてくれたのは、神様のいたずらかもしれない。

バイト先への差し入れについて。

最近差し入れにお菓子を買っていこうと考えている。

 

バイトに差し入れをもっていけば、それだけコミュニケーションツールが増え、可愛い女の子たちに話しかけてもらえるかもしれない。

 

というか、話しかけてくれるはずだ。

 

「お菓子ありがとうございます」や、「お菓子食べていいですか?」など。

 

コミュ障の自分にとっては、差し入れは最大の武器なのではないかと最近感じ始めた。

 

もっと前から持って行っていれば、良かったのだが、なぜか思いつかなかった。

 

今更持って行っても、逆に嫌らしいと感してしまわれるだろうか。

 

しかし、うちの店はお菓子好きの人が多い印象だ。

 

甘いものを買っているところをよく目撃する。

 

きっと、お菓子を差し入れにもっていったら大分好感度が上がるはずだ。

 

しかし、際入れという形をとると若干狙いすぎていると感じられる可能性もある。

 

なので、お土産という形に勝と考えている。

 

しかし私は友達が全然いないため、本当のお土産ではない。

 

「お土産風差し入れ」だ。

 

これはなにかというと、お土産と説明するが、本当は差し入れという事だ。

 

お土産という形にしとけば、友達が多い陽キャラだという印象を与えられ、オシャレなお菓子にすれば、見た目でも楽しめ良い事まみれなのだ。

 

しかし、もちろんお土産という形をとるには、ドンキやスーパーなどで買ったお菓子は通用しない。

 

ご当地お菓子や、パッケージに有名な場所が記されたお菓子じゃないとダメだ。

 

なので、インターネットで購入しようと考えている。

 

例えば「ディズニー お土産 お菓子」と検索すれば、山のように商品がヒットする。

 

それを宅配で送ってもらい、それを見せにお土産という形で置いておけば、コミュニケーションツールが増えるのに加え、好感度もアップする。

 

ここで大きな問題になるのがコスト面だ。

 

やはり限定品やお土産品というのは、とても高い。

 

月8万以内に生活費を抑えるのが目標の自分にとっては、この出費は馬鹿でかい。

 

しかし、コミュニケーションをとりたいのだ。

 

もはやここまで行くと自分が悲しくなってくるが、コミュニケーション能力がない人が、真正面からあたっていってもコミュニケーションはとれないままだ。

 

武器を使って何が悪い。

 

ここでもう一つ心配になるのが、限定商品ですでに現地では取り扱いを終わっている商品だった場合だ。

 

ないとは思うが、そこの場所に詳しい人が、もうその商品はないと知っていて周りにそのことをばらせば、私がインターネットで購入し、陽キャラアピールをしているただのボッチの痛いやつという事がばれてしまうのだ。

 

これだけは防がないとならない。

 

なので、今もなおその商品を現地で取り扱っているか、同課は慎重に調査したい。