橘星花の日記

今日何があったか、何を思ったか、正直に書いてます。

小室哲哉&篠原涼子が22年ぶりタッグ!小室の引退は嘘?恋も噂された2人!篠原は捨てられた?

ミュージックシーンの先頭を走り続けてきた小室哲哉が、篠原涼子主演の映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」の音楽を手がけていることがわかりました。

 

大ヒットシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」などで知られる小室&篠原が22年ぶりのタッグを組み、劇伴24曲を完全オリジナル制作しています。

 

 

女優・篠原涼子(44)が主演する映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(8月31日公開)の音楽を、プロデューサー引退を表明した小室哲哉氏(59)が担当することが24日、分かった。篠原は90年代に小室ファミリーとして、「恋しさと せつなさと 心強さと」などをヒットさせており、小室氏とは22年ぶりのタッグ。小室氏が今年1月の引退発表前に受けていた仕事だったことから、“再会”が実現した。TKブームの一端を担った篠原のために、希代の名プロデューサーは飛びきりの“置き土産”を用意していた。昨年3月にオファーを受けた小室氏は、「SUNNY-」の劇伴(劇中のインストルメンタル曲)を制作。今年1月の引退会見では、受注済みの仕事はやり遂げるとしていたが、3月まで作業を続けて24曲を完成させた。

 TKサウンドが世の中を席巻した94年に、小室氏がプロデュースし、篠原が歌った「恋しさと-」は売り上げ200万枚突破の大ヒットを記録。96年のゲーム音楽でのコラボ以来、22年ぶりの再タッグ結成となった。

 篠原が演じる専業主婦の奈美が、90年代に青春時代を謳歌(おうか)した設定であることから、小室氏に白羽の矢が立った。当時はやったJ-POPもクローズアップされ、劇中歌として起用。篠原が安室奈美恵の「Don’t wanna cry」を歌うシーンも盛り込まれた。

 昨年11月、撮影現場で小室氏の訪問を受けた篠原は、「お互いあの頃から風貌は変わったけど、中身は変わってないねって(笑)。変わらない小室さんとまたご一緒できて、すごく嬉しいです」と感激。「芝居だけでは伝わらないところを、小室さんの音楽に助けてもらっています」と感謝した。

 小室氏は「最後の僕の映画音楽になります」と宣言。「最初に見かけたのは涼子ちゃんが16才ぐらいの頃だったと思います。輝いてくれて、よかったなあと心から思っています」。移り変わりの激しい芸能界を去る前に、時の流れをかみしめていた。

 

 

 

 

 

 

 

小室哲哉プロフィール

小室哲哉(コムロテツヤ)
生年月日:1958年11月27日 (59歳)
出身地:府中市
著書:罪と音楽
配偶者:K-C-O (2002年〜)
身長:167 cm
小室 哲哉は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。東京都府中市出身、東京多摩振興特命武蔵国府中大使。元尚美学園大学芸術情報学部教授。妻はglobeのボーカルのKEIKO。愛称は「てっちゃん」「先生」「TK」など。身長167cm、体重57kg。血液型はO型。

 

 

篠原涼子のプロフィール

篠原涼子(シノハラリョウコ)
生年月日:1973年8月13日 (44歳)
出身地:桐生市
配偶者:市村 正親 (2005年〜)
身長:162 cm
アルバム:リズムとルール、Sweets -Best of Ryoko Shinohara-、もっと見る
篠原 涼子は、日本の女優、歌手。本名:市村 涼子。旧姓:篠原。群馬県桐生市出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。夫は俳優の市村正親

 

「SUNNY強い気持ち・強い愛」のあらすじ

韓国で2011年に観客動員740万人を記録したカン・ヒョンチョル監督作「サニー 永遠の仲間たち」を、大根仁監督が舞台を日本に移して映画化したものです。

 

主人公の奈美(篠原)は、末期がんに侵されたかつての親友・芹香と再会を果たします。

 

「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」。

 

女子高生時代の仲良しグループ「SUNNY」のメンバーとの再会を熱望する旧友の願いを、奈美がかなえてあげようとするお話です。

 

小室哲哉って引退したんじゃなかったの?

 

誰もが今思っていることでしょう。

 

「不倫して引退しなかった?」

 

僕も最初思いました。

 

1月に看護師との不倫が報じられて、緊急会見を開き引退を発表されていましたからね。

 

しかし、こちらをご覧ください。

 

記者 ミヤネ屋のシカナイともうします。今回の騒動、そして引退ということでダブルでショックを受けられた方も本当に多いと思います。あらためて、引退とおっしゃっていましたが、実際さまざまなプロジェクトも始動していると思います。いつ頃、本格的にすべて音楽から携わるのを退くのでしょうか?


小室 先ほど申しましたとおり、自発的に「あれがやりたい」「これがやりたい」という音楽活動は今日から退こうと思っております。そして今の話のような、それでも責任があるじゃないかと、「やってくれ」というものの責任は果たしたいと思っておりますので、不快な思いをされる方の目にはかからないようなかたちで全うしたいと思います。

 

引退会見の時の一部始終です。

 

見てわかるように、すでに進んでいたプロジェクトはしっかり責任を果たすという事ですね。

 

SUNNYのプロジェクトは、去年から始まっていたので、スキャンダルが出る前です。

 

 

小室哲哉篠原涼子の恋愛関係って本当だったの?

 

この2人を調べてみると、過去に恋愛関係にあったという情報が入ってきました。

 

小室さんといえばプレーボーイで有名ですからね。

 

全盛期はプロデュースした女性たちは、片っ端から食っていたらしいですし、、、

 

となれば、篠原さんも関係が疑われてもしょうがないです。

 

2人の出会いは、篠原さんが「東京パフォーマンスドール」というアイドルグループに所属していたときです。

 

1992年~1993年にこの「東京パフォーマンスドール」のシングル3曲を小室哲哉さんが同じソニーグループという事もありプロデュースしています。

 

94年にはあの伝説の曲「恋しさと せつなさと 心強さと」をプロデュースし、篠原涼子さんはその年のレコード大賞優秀賞等を受賞し、ダブルミリオンを売り上げて一躍トップアイドルとなりました。

 

小室さんは「彼女の虜になっちゃってる」とこぼしてしまうほどに、篠原さんに音楽的才能を感じていたみたいです。

 

こういった経緯から恋愛関係が噂されていたみたいですね。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

しかし!!

 

この2人に恋愛関係は一度もなかったと自分は考えています。

 

なぜならこの2人「愛しさとせつなさと心強さと」のインパクトが強すぎて、大分長い間共に活動していたイメージがついてますが、実はそうでもないんですね。

 

わずか1年で篠原さんは小室さんの手を離れています。

 

同時期に華原朋美さんが登場したこともあって、傍目には篠原さんは捨てられたように見えました。

 

3枚目のアルバム「Lady Generation」の時に、突然小室さんから「プロデュースは、これが最後でもういいよね 」と言われてしまったのだそうです。


その最後のアルバム発売の翌月には華原さんが「keep yourself alive」でデビューしていますので、やはり小室さんは華原さんに思いを寄せていたと考えるのが自然ではないでしょうか。


なので、小室さんと篠原さんの間に音楽以上の関係はなかったと考えられます。

 

 

 

まとめ

今作は小室音楽の他にも、安室さんの曲だったり、懐かしのJPOPがちりばめられてるらしいです。

 

懐かしい気持ちになれそうですね。

 

音楽ばかり注目されてしまっている今作ですが、ストーリーも非常に奥深いものですので注目してもらいたいです。

 

小室さんの引退についてですが、今からでも撤回で遅くないと思います。

 

才能は文句なしですし、今回の騒動は世間も小室さん側についてるという方が非常に多いです。

 

恋愛関係については完全な誤解でしたね。

 

芸能人って本当に大変だなと思い知らされました。