橘星花の日記

今日何があったか、何を思ったか、正直に書いてます。

サファテが股関節手術で今季絶望!引退?20億の退職金?実は問題児!西武を退団した理由がヤバい!

18日に右股関節の張りのため選手登録を抹消されたソフトバンクデニス・サファテが、アメリカで右股関節の手術を受けたことが分かりました。

 

今季終盤での復帰を目指すものの、アメリカでリハビリやトレーニングを続ける予定で、現実的には今季中の復帰は厳しいらしいです。

 

 

驚きましたね。

 

ソフトバンクデニス・サファテ投手(37)が米国で右股関節の手術を受けたことが27日、分かった。今季終盤での復帰を目指すものの、米国でリハビリやトレーニングを続ける予定で、現実的には今季中の復帰は厳しい状況だ。

 右股関節の張りのため、18日に出場選手登録を抹消。再検査のために米国へ帰国した20日には「(手術が)ないとはいえないが、診察を受けてから」と語っていた。帰国後も症状は改善されず、球団側と話し合いを重ねた上で手術を決断した。

 全治は未定だが、似た症例では巨人・杉内が15年10月に右股関節を手術し、16年7月に3軍で実戦に復帰した。メジャーでもヤンキース(当時)のA・ロッドが13年に左股関節の手術を受け、実戦復帰まで6か月を要した。サファテも長期離脱は避けられない模様だ。ポストシーズンも含めたシーズン最終盤での復帰に意欲を燃やす一方、万全での復帰を優先する意向もある。

 昨季はプロ野球新記録の54セーブをマークしてパのMVP。今季も1勝5セーブを挙げていた。球団は3年契約最終年となる今季の開幕前、来季からの3年契約を締結。順調なら今季中に国内FA権を取得し、来季は日本人扱いになることも踏まえての総額約20億円の大型契約だったが、あと16セーブとしている通算250セーブの名球会入りも先送りになりそうだ。

 チームでは、セットアッパーの岩崎も12日に右肘手術を受け、前半戦の復帰は厳しい状況。代役守護神の森やモイネロ、復帰間近のスアレスらで窮地をしのぐが、絶対的クローザーの不在は2年連続日本一を目指す上で、大きな痛手だ。

 

ソフトバンクのサファテはもう35歳です。

 

この歳の選手の、股関節という体幹の手術というのは、選手生命に大きく関わります。

 

レジェンド秋山幸二さんも、股関節を痛めたときに、手術という選択肢を消した理由は「引退したくなかったから」と語っています。

 

報道を聞いたとき、初めに「引退」の二文字がよぎりましたね。

 

さらに、ソフトバンクのサファテは、今季開幕前に3年20億円の巨大契約を結んじゃってるんですね。

 

これがまた問題に。

 

「契約前に股関節の事分からなかったのか?」、「退職金20億なんていい御身分」、「怪我隠して契約しただろ」という非難の嵐に。

 

今回は、ソフトバンクサファテは引退か?20億の契約どうなる?代役は?について、まとめていきたいと思います。

 

よろしくお願いします。

 

ソフトバンク・サファテのプロフィール

 

 

国籍 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区
生年月日 1981年4月9日(37歳)
身長体重 193 cm102 kg
選手情報 投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2001年 MLBドラフト9巡目
初出場 MLB / 2006年9月3日 NPB / 2011年4月14日
年俸 $4,000,000(2018年)※2016年から3年契約
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
ギルバート高等学校
アリゾナ州立大学
ミルウォーキー・ブルワーズ (2006)
ヒューストン・アストロズ (2007)
ボルチモア・オリオールズ (2008 - 2009)
広島東洋カープ (2011 - 2012)
埼玉西武ライオンズ (2013)
福岡ソフトバンクホークス (2014 - )

 

プロ野球の連続イニング奪三振記録、シーズン最多セーブ記録保持者です。

 

2014年には史上初の両リーグ30セーブを達成し、2017年には史上初の50セーブを達成しました。

 

あと16セーブで250セーブとなり、名球会入りです。

 

昨年ソフトバンクを日本一に導き、自身初のMVPを獲得しています。

 

今年順調にいけば、来季から外国人登録が外れることも踏まえて、来年から3年20億円の契約を今季開幕前に締結しています。

 

 

 

ソフトバンク・サファテが引退?

 

 

そんな名球会入り目前のソフトバンク・サファテ投手ですが、今回の手術のニュースを聞いて、ファンの間で引退を噂されています。

 

無理ありませんね。

 

もう35歳ですし、股関節の故障というのは、肩や肘とは訳が違います。

 

巨人の杉内投手がいい例ではないでしょうか。

 

彼もソフトバンク・サファテと同じ股関節を痛め、手術しています。

 

今現在は引退はしてないものも、3軍で治療と実戦を行ったり来たりです。

 

成績もパッとしないですし、年俸も5000万と格安なことから、事実上の引退状態です。

 

ソフトバンク・サファテは、ただでさえ負担の大きいクローザーというポジションを長らく担っていることに加え、工藤監督の起用法がハードなものだったため、他球団のクローザーよりも何倍も体に負担がいっていることは予想できました。

 

そのため、僕は今回の故障は「まぁそうだろうな」、という感想です。

 

以前、サファテは先発投手陣に苦言を呈しています。

 

www.nikkansports.com

 

この時から、ガタがきてたんでしょうね。

 

ソフトバンク・サファテは温厚な性格で知られています。

 

その彼が、公の場で怒りを爆発させるのは、並大抵のことではありません。

 

工藤監督の戦術は先行逃げ切りです。

 

リリーフに強力な投手が揃っているため、先発を早めに降ろすというのは日常茶飯事でした。

 

もちろんそのツケは、リリーフに回ってきますよね。

 

その監督の下で、4年間もクローザーを担ってきたんですから、故障も仕方がありませんね。

 

 

 

しかし僕は、引退はないと考えています。

 

なぜなら、次紹介する「3年20億」の契約が残っているからです。

 

引退しなければ20億貰えると聞いて、引退する人がいるでしょうか。

 

あり得ないですよね。

 

 

どうなるソフトバンク・サファテの3年20億契約!

 

 

 

今回の件で、最も話題になった事柄でしょう。

 

ソフトバンク・サファテは来季から日本人登録に変更になります。

 

これまでの実績と、登録変更も踏まえて、今季開幕前に来季から3年20億の巨大契約を、球団が結んでるんですね。

 

しかし、先ほど記述したように、股関節の手術というものは、他の怪我のように少し休んだら復帰というものではありません。

 

仮に復帰できたとしても、これまでのような活躍をするのは不可能でしょう。

 

つまり、3年20億の契約に見合った数字を残すことも限りなく不可能に近いです。

 

そのため、ファンの怒りが爆発しています。

 

 

 

 

 

 

 

無理ありませんね。

 

巨大契約を結んだ直後ですし、サボり説が出ても、しょうがないです。

 

しかし、「怪我をしたから、この前の契約はなかったことで」なんて言えないですよね。

 

怪我を隠していたとしても、契約を結んだサファテの勝ちです。

 

そして、メディカルチェックをしっかり行わなかったソフトバンクの負けです。

 

これはいくら批判したところで、変わらない事実なので、怒るだけ無駄です。

 

やめときましょう。

 

にしても、外国人選手というのは本当に、複数年契約を結んだ途端に、怪我しますね。

肩こり対策枕 めりーさんの高反発枕

 

 

ソフトバンク・サファテ、実は問題児?西武を退団した理由がヤバい!

 

そんな完全に給料泥棒扱いになってしまったソフトバンク・サファテですが、彼に問題児疑惑が出てるんですね。

 

なんでもその理由は、前所属球団の西武の退団理由からでたものらしいです。

 

活躍しすぎてソフトバンクの選手のイメージしかないでしょうが、実はソフトバンクに来る前に広島西武を経由してるんですね。

 

その西武最終年ののサファテは、9勝1敗・防御率1.87と優秀な成績を収めています。

 

普通でしたら契約延長の成績です。

 

にも関わらず、この年ソフトバンクに移籍します。

 

その理由が、サファテがわがまますぎて、西武首脳陣が扱いに困ってしまったからなんではないかと噂されてるんですね。

 

・抑えをやらしてほしい

・複数年契約を結んでほしい

・マウンドを変えてほしい

 

などなど、球団側に直訴したらしいんです。

 

しかし、西武はこれを拒否。

 

当たり前ですよね。

 

この年は西武の功労者の涌井が抑えをやっていましたし、複数年契約は外国人には過去の例から見てもリスキーすぎます。

 

実際に今ソフトバンクは複数年契約で泣きをみてます。

 

最後のマウンドを変えるというのも、そんな簡単にできることじゃありません。

 

拒否するのは当たり前なんです。

 

しかしサファテはこれらを拒否した西武に怒って、出て行ってしまったのではないか言われてるんですね。

 

さらに、西武からの連絡を着信拒否にしていたとも言われています。

 

しかしソフトバンク移籍後に「西武にクビにされた」という始末。

 

今の温厚なソフトバンク・サファテからは考えられないようなエピソードですね。

 

まとめ

 ということで今回は、ソフトバンク・サファテが股関節手術で今季絶望、引退?、20億円の巨額契約、西武を退団した理由がヤバい、をまとめてみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

今まで持っていたソフトバンクサファテのイメージが、崩れてしまったという方多いのではないでしょうか。

 

「サファテは真面目だから複数年契約しても大丈夫」、「サファテはマイコラスとは違うから」、と自信満々に語っていたソフトバンクファンの方々。

 

息をしているでしょうか。

 

外国人選手なんて、こんなもんです。

 

まぁソフトバンクは金が有り余っているでしょうし、20億の退職金でチーム編成が揺らぐということはないと思います。

 

そこんところは心配しないで大丈夫です。

 

ソフトバンク・サファテの今後の動向に注目です。