橘星花の日記

今日何があったか、何を思ったか、正直に書いてます。

TOKIO山口達也、会見後に再入院していた!自殺防ぐため?「山口メンバー」の意味とは?

先日、日本中を騒がせたTOKIO山口達也の、女子高生に対する強制わいせつ事件。

 

今月26日の謝罪会見後、再入院していたことがわかりました。

 

それは、自身が持つアルコール中毒の治療より、精神的な問題の方が大きいらしいです。

 

憔悴しきっており、周りの人に勧められて入院を選んだらしいです。

 

 

今年2月の女子高生への強制わいせつ容疑で警視庁から書類送検され、無期限の謹慎処分となったTOKIO山口達也(46)が、今月26日に行った謝罪会見後、入院していたことが28日、分かった。現在は医師らが見守る中、病院で生活を送っている。

 

 親しい関係者によると、今回の事件を受け、山口は憔悴(しょうすい)しきっているという。謝罪会見などによる単純な疲労だけでなく、精神的にとても不安定なため、自宅などで1人にはしておけない状態。周囲からのすすめもあり、入院が決まったという。

 山口は今年2月12日の事件当日まで、約1カ月間病院に入院していた。肝臓の数値が高く、肝臓を休ませるための入院だった。謝罪会見でも「家に帰ると飲んでしまうので病院で寝ようと、入院という形をとっていました」と告白している。ジャニーズ事務所の顧問弁護士によると、過去にも同様の理由で入院したことがあったという。

 今回の入院理由には、精神的な要因が占める割合が大きいとみられる。ただ、アルコールに手を出さない環境作りのためでもあるという。山口は会見でアルコール依存症については「依存的なものはないと自分では思っている」と否定していたが、酒をめぐるトラブルは以前から芸能関係者の間でささやかれており、退院当日に自宅で焼酎ビン1本分を飲み泥酔して事件を起こしたことからも、アルコールに関して大きな問題を抱えているとの見方が強い。

 今回の事件を踏まえ、山口は「まだ先のことは考えられませんが、今は絶対(酒を)飲まないと決めています」と断酒を宣言していた。心身共に安定するまで、当面は病院で過ごすことになりそうだ。

 

自殺しちゃう可能性もありますからね。

 

TOKIOのメンバーも突き放したようなコメントばかりでしたし。

 

もちろんそれは優しさでもありますが、追い込まれてる山口達也にはその優しさも伝わるかどうか怪しいですからね。

 

この判断は正しいと思います。

 

会見の時のTOKIO山口達也は、普段テレビで見る大柄で自身に満ち溢れている彼とは別人でしたよね。

 

捨てられた子犬のようでした。

 

誰かがずっと側にいてあげてほしいと思ってたので、良かったです。

 

TOKIO山口達也のプロフィール

 

誕生日 1972年1月10日(46歳)
出身地 埼玉県草加市
担当楽器 ベース
レーベル Sony Records(1994年 - 2000年) ユニバーサルJ(2001年 - 2008年) ジェイ・ストーム(2008年 - )
事務所 ジャニーズ事務所
共同作業者 TOKIO

 

 弟はヴォーカリスト(TSP、ex.the CYCLE)であり666所属プロレスラーの、山口公次(Kouzy)。


埼玉のFM局「FM NACK5」の番組『NACK ON TOWN』の準レギュラーかつリスナーでもあり、時折実名でメッセージを投稿することもある。


かつては1992年放映『愛きらきら』を始めとする多くのテレビドラマに出演したが、近年は出演することがなく、2017年現在、2007年放映『受験の神様』を最後にテレビドラマからは遠ざかっている。


2010年7月、『ザ!鉄腕!DASH!!』の企画である「DASH海岸」で自ら潜水するために潜水士の資格を取得した。


2013年には同じく『鉄腕DASH』内の企画「DASH島」にて資材の運搬船を操縦するため、一級小型船舶操縦士を取得した。


2011年3月11日、DASH村での番組収録中に東北地方太平洋沖地震に遭い避難、福島第一原子力発電所事故によりDASH村は「計画的避難区域」となった。

 

同年7月以降、JAXAの協力要請を受け、DASH村にヒマワリの種を植えるなどの除染活動に積極的に関わっている。

 

また『ザ!鉄腕!DASH!!』の取材で、チェルノブイリ原子力発電所事故の被害を受けたウクライナベラルーシを訪問し、現地の事情を視察した。


2011年8月28日、車線変更禁止区域で車線を変更し、警察署の署員に停止するように求められた。

 

山口が免許証を提示したところ、免許の期限が同年2月であったことが発覚し、道路交通法違反(無免許運転)で書類送検された。

 

翌29日夜、東京汐留の日本テレビで記者会見を行い、謝罪の意を示した。

後に不起訴処分となる。

 

この件に関し、ヤマト運輸富士重工業は、山口が出演しているCMを当面放送しない方針を明らかにした。

 

富士重工業(現SUBARU)は、自粛されたまま契約期間が終了したが、ヤマト運輸は後に放映再開されたものの、山口以外のメンバーも含め、営業車やトラックを運転するシーンを2017年現在一切使用していない。

 

同じく2017年現在、放映されているスズキのソリオのCMでは、山口が運転するシーンがある。

 

2018年、未成年への強制わいせつ罪で書類送検され、無期限活動休止を発表する。

 

アルコール中毒ってそんなヤバいの?

 

そんな再入院が決まったTOKIO山口達也ですが、この事件を起こした発端はアルコール中毒にあると言われてますよね。

 

なんでも、女子高生が家に来た時には既に泥酔状態で、「何もしないなら帰れ」と叫んだとか。

 

ここでは書くことの出来ない卑猥な言葉も数々はなっていたらしいです。

 

さらに以前入院した時も、退院日に焼酎一本飲み干してしまったことも。

 

テレビで見る山口達也からは、想像できない姿ですね。

 

割とアルコール中毒患者というのは聞きますし、そこまで重い病気ではないと感じてたんですが、世間のそういった見方も変わりつつありますよね。

 

ということでアルコール中毒について調べてみました。

 

アルコール依存症の症状
  アルコールは依存性の強い薬物であり、習慣的に多量の飲酒を続けていると、脳機能や身体反応の変化が少しずつ生じて、依存症が作られていきます。飲酒を続けていると、徐々に身体がアルコールに慣れて、以前と同じ量では酔うことができなかったり、気持ちが楽にならなかったり、眠れなかったりして、満足できなくなります。アルコールへの耐性が生じた状態です。その結果、徐々に飲酒量が増えて、アルコールへの依存度が進行し、アルコールへの欲求や強迫感が高まることになります。
  そのようにして数年から10年くらいかけてアルコール依存症が形成されます。アルコールの場合は飲酒への欲求が強まる精神依存と、お酒が切れると身体に不快な反応が引き起こされる身体依存のどちらも生じる可能性があります。いったん依存症になると自分の意志で飲酒行動をコントロールすることができなくなります。飲酒が中心の生活となり、それまで大切にしていた仕事や家庭生活が破綻してしまうなど、悲しい結果を引き起こすことがあります。
1. 中核的な症状
  アルコール依存症の中核的な症状として以下の2つが知られています。どちらか1つでも認められる場合にはアルコール依存症が強く疑われます。
1) 飲酒コントロールの障害
  飲酒への強迫的な欲求〈アルコールへの精神依存〉のために、「飲み始めると止まらない」「酔いつぶれるまで飲んでしまう」「だらだらと長い時間飲んでしまう」などお酒を飲みだすとお酒に飲まれてしまうようになります。つまり自らの意思でコントロールして飲酒することができなくなります。
  さらに進行すると、常に体内にアルコールを維持するために、数時間おきに飲酒を続ける連続飲酒という状態に至ります。連続飲酒は3日程度から数ヶ月続くことがあります。多くの依存症者がこの状態を経験しており、依存症の特徴的な症状のひとつと言えます。
  留意すべき点はたとえ何年、何十年ものあいだ断酒を続けていても、少しでも飲酒を再開すると、すぐにコントロールできない飲酒に戻ってしまうことです。依存症になるまでの長年のアルコール曝露により脳機能に不可逆的な変化が生じたためと考えられます。たくわんが元の大根に戻ることがないように、スルメがイカに戻ることがないように、依存症になると病前のように適量でお酒と付き合うことができなくなります。そのため依存症に陥ると、生涯にわたって断酒を継続することが必要となります。
2) 離脱症状
  アルコールを摂取した状態に身体が慣れてしまった結果〈アルコールへの身体依存〉、体内からアルコールが切れてくると多様な離脱症状が生じます。俗に言う禁断症状です。飲酒を止めてから1~2日後に、手の振るえ、発汗(特に寝汗)、吐き気、嘔吐、心拍数の増加、高血圧といった自律神経症状や不眠、不安、イライラ感といった精神症状が認められます。重症になると「虫が身体を這っている」といった幻視や物音などの幻聴、意識消失を伴うけいれん発作などが生じる場合もあります。このような不快な離脱症状から逃れるために飲酒を続けてしまう場合もあります。
2. 随伴する問題
  アルコール依存症の真に怖い点は、アルコール依存症による中核的な症状だけに留まらず、飲酒中心の生活となった結果、様々な病気や問題が付随してくることです。自身の健康問題、家庭や職場での対人関係の問題、飲酒運転や自殺、他者への暴力などの社会的な問題です。それらを一括してアルコール関連問題と称されます。
  個人差はありますが、多量の飲酒によって特有の身体的、精神的な問題が生じてきます。
お酒を求める時間、飲酒する時間、酔っている時間や酔いを醒ます時間など飲酒に関係する膨大な時間が費やされるため、職場や家庭での役割を満足に果たすことができなくなり、家族や職場の人たちの信頼を失っていくことになります。結果として無断欠勤、失職、家庭の不和、別居、離婚などの問題が発生します。現実の問題に直面することの困難や恐怖感からますます飲酒に逃避し、状況が悪化することになります。
  自己評価が低下し、嘘や現実逃避が多くなり、性格の歪みが生じることもあります。さらには酩酊時に自暴自棄になったり、気が大きくなったりして、飲酒運転や暴力、警察沙汰といった社会的な問題を引き起こすこともあります。

  これらのアルコール関連問題は強迫的な飲酒という幹から生じた枝葉のような存在であり、お酒という根幹を断つことにより自然に解決していくことが多く認められます。個々のアルコール関連問題に場当たり的に対処するのではなく、根幹となるアルコール依存症に正面から向き合い、断酒を始めることが求められます。

 

想像以上に重い病気でした。

 

恐ろしいですね。

 

「虫が体を這っている」、、、

 

これもう覚醒剤じゃないですか。

 

TOKIO山口達也も、ずっとアイドルの一線で活躍してきて、多大なストレスがたまってたと思います。

 

そこでお酒に走ってしまったんでしょうね。

 

しかし、TOKIOの他メンバーだってストレスがたまるのは一緒ですから、今回の事件をお酒のせいにするのは間違ってますね。

 

TOKIOの他メンバーは一切問題を起こしてません。

 

山口メンバー」の意味とは

 

そんな重大な病気にかかっていることが判明したTOKIO山口達也ですが、今回の事件で話題になっているのが「山口メンバー」という、テレビでの呼称ではないでしょうか。

 

 

 

違和感しかありませんよねこれ(笑)

 

僕が始め最初これ聞いたとき、集団暴行して、その中にTOKIO山口達也が入っていたのかと思いました。

 

他にも「山口組のメンバーかと思った」という意見も。

 

そんな誤解を招くような呼称を、わざわざテレビがする理由を分かりやすく解説していきたいと思います。


逮捕されたら「容疑者」、その後、起訴されたら「被告」、刑務所に収監されたら「受刑者」「服役囚」、死刑だったら「死刑囚」。

 

ここまでは、皆さんなんとなくのイメージで分かると思います。


しかし、この例外だったらどうでしょう。

 

有罪判決だが執行猶予の場合、「元被告」だったり、「さん」だったり、あるいは肩書き呼称だったり、判決からの期間や記事内容によってケースバイケースです。


今回のTOKIO山口達也書類送検です。

 

先ほどの例外にあたるんですね。


「容疑者」というレッテルは、社会生活を営む上で障害となりかねないため、報道機関としても書類送検の場合は「容疑者」という表記を避ける場合が多いんです。

 

ただ、犯罪の容疑があるのは事実で、「さん」のような敬称をつけるのもなんだか変ですよね。

 

なので中立的表記の肩書き呼称になったのです。

 

そこで「山口メンバー」が誕生しました。


「社長」、「アナウンサー」とかだったら違和感ないんですけどね。

 

面倒くさいですし、「芸能人」全般に使える呼称を誰か作ってくれませんかね(笑)

 

まとめ

 

 

ということで今回は、TOKIO山口達也、会見後に再入院していた!自殺防ぐため?「山口メンバー」の意味とは?まとめました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

再入院はとても安心しました。

 

あの状態で、一人で野放しにしとくのは、いくらなんでも危険すぎます。

 

TOKIOのメンバーが入院を勧めたんですかね?

 

それぞれ突き放したコメントを出してましたが、もしそうだっだたら好感度爆上げですね。

 

山口メンバーの呼称については、皆さん納得していただけたでしょうか。

 

「テレビ局のジャニーズへの忖度だ」という意見をよく目にしますが、決してそういうわけではないんですね。

 

布袋寅泰さんの時は「布袋ギタリスト」、島田紳助さんの時は「島田司会者」でした。

 

まぁ何にしても違和感ありますけどね(笑)

 

ジャニーズ事務所というところは、何かと悪者にされがちですが、今回の「山口メンバー」に関しては、事務所は何も圧力とかかけてませんから。

 

そこんところは納得していただけると嬉しいです。

 

では今日はこの辺で。